ニュースリリース

2017/01/01
2017年 年頭のご挨拶
IchizoYoshikawa_2017.jpg

 新年明けましておめでとうございます。

 旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。


 2016年の日本経済は、円高進行と消費の低迷から企業業績が伸び悩み、海外でも英国のEU離脱問題や原油価格の低迷が影響し、不透明な状況が続きました。しかしながら11月の米国大統領選挙後は、新政権の経済政策による景気の上向きが期待され、金融市場が活況となりました。

 当社におきましては、米国子会社Suminoe Textile of America Corporationに端を発した会計処理問題により、2016年5月期決算および2017年5月期第1四半期の決算発表が大幅に遅れ、株主のみなさまをはじめとする関係者のみなさまに、多大なるご迷惑、ご心配をおかけしました。深くお詫び申し上げます。


 2017年は次の10年50年へ向けた新しい第一歩を踏み出す年とし、初心に返って内部統制の強化徹底と、事業の成長の両輪を同時進行してまいります。


○再発防止策について

何事も報告・連絡・相談を徹底し、先送りしない風通しの良い組織を作ることを再発防止策の基礎と据え、企業風土改革へ向け双方向コミュニケーションを図ってまいります。

① ガバナンスに対するリテラシー不足を改善し、マネジメント力の強化を図るための教育・研修を実施します。

② 現況、変化点等を「見える化」するためのIT投資を行い、共有化・分析のための研修を実施します。

③ 業績管理体制の見直しを進めるため、組織変更、業務分担変更を行います。

④ 子会社管理体制については、システム投資を含め統括的管理体制の再構築を進めます。

⑤ ロードマップに沿って再発防止策の実施を徹底し、全社に浸透させていきます。

⑥ 内部通報制度の周知徹底と信頼性・有効性を高めます。


○事業の成長について

引き続き、「海外事業の更なる強化」と「オンリーワン商品の積極的な展開」を進めてまいります。

① 海外事業の強化では、取扱商品の拡充とそれらの供給体制の強化を図り、市場シェアナンバーワンのビジネスモデルを目指します。

② 常に戦える強い原価作りを進め、世界に通用する商品づくりを目指します。そのためには品質管理の徹底が必須と考えます。

③ 国内マーケットは、人口減もあり、規模の拡大は、従来と同じことだけをしていては望めません。市場の中でオンリーワン商品を積極的に展開し、独自技術を活かせる強い分野での補強を徹底し、他社との差別化を図ります。


 社会が必要とする価値のある会社となるべく努力し、成長への健全な事業活動を行い、新たな歴史への一歩を進めてまいります。

 本年も何卒ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。



住江織物株式会社

代表取締役会長兼社長

吉川 一三