HOME > 商品情報 > カーペット・床材 > カーペットタイル > クッションバックシリーズ

カーペット・床材

CUSHION BACK クッションバックカーペットタイル タイトル
クッションバックカーペットタイル イメージ

CUSHION BACKは新しいカーペットタイル裏材です。
使用済みペットボトル由来の再生繊維を80%使用し、環境に配慮した設計です。
また従来のカーペットタイル裏材であるPVCと比較して、快適な歩行性、耐久性、防音性、保温・断熱性などの機能に優れています。
心地よい歩行感と、やすらぎの静粛性。CUSHION BACKは上質で快適な空間をご提供します。

クッションバックカーペットタイルは、クッション層を備えることで、
快適な踏み心地とパイルの耐久性、防音性、保温・断熱性をご提供します。

1 クッション性

一般的な塩ビバッキングカーペットタイルは、歩行時の荷重により、パイル表面のみが圧縮されます。
一方クッションバックカーペットタイルは、パイル表面とともに、裏面層も荷重を受け止めることで、クッション性が約20%アップし、適度な踏み心地と疲労軽減効果が期待できます。

クッション性説明
2 パイル耐久性

従来の塩ビカーペットタイルは、歩行による荷重をパイルのみで受け止めますが、クッションバックカーペットタイルは歩行時の荷重を、パイルとクッション層の両方で受け止めるため、繰り返し荷重を受けたときのパイル長減少が少なく、「パイルヘタリ」が緩和される結果が得られました。

パイル耐久性説明2 パイル耐久性説明1
3 防音性
 床衝撃音

建物の室内で物を落としたり、スリッパで「パタパタ」歩いたりする音が、階下に伝わる音のことを『床衝撃音』と言います。
クッションバックカーペットタイルは、一般的な塩ビカーペットタイルに比べて、階下に音が伝わりにくい結果が得られています。

床衝突音説明
 吸音性

室内では、反響音を抑えることで会話が聞き取りやすくなります。
また、高音域の反射音を軽減することで、落ち着いた室内空間をもたらします。通常会話の範囲である250Hz〜2,000Hzの周波数域において、クッションバックカーペットタイルは、吸音率が高く快適な音環境が期待できます。

吸音性説明
4 保温・断熱性

クッション層は、空気を含んでいるため、床面からの冷気・熱気が伝わりにくく、保温・断熱性能に優れています。

保温・断熱性説明2 保温・断熱性説明1