HOME > カーテンのメンテナンス

インテリア豆知識

カーテンのメンテナンス性

カーテンの美しい風合や機能性を長持ちさせるには、上手なお手入れが大切です。 ここでご紹介するお取扱いポイントをご参考に、快適なインテリアライフをお楽しみください。

日頃のお手入れについて

●汚れについて

カーテンの汚れのほとんどは、空気中のホコリの吸着によるものです。日頃からこまめに軽く振る等して、ホコリを落とすように心がけてください。掃除機を使うのも効果的です。その際、パワーはごく弱く、丸ブラシ等のアタッチメントを利用する等、生地を傷めないようご注意ください。タバコのヤニやキッチンの煙の汚れは、時間がたつと落ちにくくなりますので、適度な回数の洗濯が必要になります。

●汚れがついたら

汚れが付着した際には、すぐにふき取ってください。時間の経過とともに除去しにくくなります。ホコリや汚れを放置すると生地の変質、劣化につながります。汚れが広がらないよう注意してください。ふき取り時や、その他メンテナンスの際には、漂白剤、カビ取り剤、トイレ用洗剤、消毒剤等は使わないでください。

●ウェーブについて

形態安定加工(ドレスアップ加工)を施したカーテンは、お洗濯の際は軽く脱水し形を整えて吊下げ、自然乾燥することで美しいウェーブが保持されやすくなります。アイロン掛けはウェーブに沿ってすみやかにおこなってください。また、カーテンを保管される場合はウェーブ通りにたたんでください。なお綿やレーヨンは洗濯によりウェーブが消失しやすい素材ですが、日常のお取扱いでヒダを整えてお使いいただくとナチュラルなウェーブがつきやすくなってきます。

●色泣き・色移りについて

洗濯のほか、結露や部分的な水濡れなど、カーテンが濡れた状態で放置されますと色泣きや色移りする場合があります。すみやかに脱水し、影干しをおこなってください。

洗濯方法

<ご家庭で洗濯される場合>

■必ずメンテナンスラベルの取扱い絵表示に従ってください。
■漂白剤は変色の原因となりますので使用しないでください。
■市販の洗剤をご使用ください。(中性洗剤または弱アルカリ洗剤)
水洗い不可「水洗い不可」マークのカーテンに市販のドライマーク用洗剤は決して使用しないでください。
手洗い「手洗い」マークのカーテンに洗濯機の手洗いモードを使用しないでください。

・洗濯機を使用する場合

1.ほこりをよく払ってから、フックをすべて外してください。
2.かるくたたみ、洗濯ネットに入れます。
いちどに入れるのは1〜2枚まで。
あまり詰め込むと汚れが落ちにくくなります。
3.水量は「最大」、水流は「弱」、水温は30℃以下で行います。
4.脱水はごく短時間、30秒以内にしてください。

洗濯機を使用する場合

・手洗いの場合

1.ほこりをよく払って、フックを全て外してください。
2.押し洗いしてください。もみ洗いはシワの原因になりますのでお避けください。
3.水温は30℃以下で行います。
4.脱水機にかけず、押し絞りしてください。

手洗いの場合

※汚れがひどい場合にはつけ置き洗いをおすすめします。

1.ほこりをよく払ってから、フックをすべて外してください。
2.水温は約40℃で30分〜1時間程度、洗濯液につけておきます。
3.つけ置き洗い後、洗濯機か手洗いで洗濯します。

手洗いの場合

・乾燥方法・アイロン掛け

■脱水し終わったカーテンは、そのまま元のレールに戻して自然乾燥させるのが最も適切な方法です。
※水滴で床が濡れないようご注意ください。
■室外で干す場合、必ず陰干しにしてください。
■吊った後は全体を軽く下に引っ張って寸法を合わせ、全面を手で叩いてシワを伸ばします。
■家庭用乾燥機は絶対に使用しないでください(縮み、変質の原因となります)。
■アイロン掛けする場合は洗濯の時と同様、必ず絵表示に従ってください。

<クリーニング店に出される場合>

■水洗いできない生地はドライクリーニングとなります。
■裏に特殊加工のあるカーテン等、特に注意の必要なカーテンの場合は、お店に洗い方を念入りに確認してください。
■ドライクリーニングは水溶性の汚れにたいして、水洗いに劣る場合があります。洗濯効果についてはクリーニング店にご相談ください。
■カーテンはクリーニングにより多少収縮する場合があります。
トラブルを避けるためにもカーテンの寸法と取扱絵表示について双方で確認してください。

カーテン取扱い絵表示について-1

●スミノエカーテン取扱い絵表示(スミノエメンテナンス ラベル)

カーテン生地は、それぞれ用途や機能に応じて組成(繊維素材)をはじめ染色方法、製織方法、仕上加工方法などをかえて生産しています。カーテンを美しく保つには、定期的なメンテナンスを必要としますが、その方法を誤りますと、カーテンの機能が著しく低下する恐れがあります。
スミノエでは、より適切なメンテナンスを行って頂くために、独自の取扱い方法を設定しております。ご家庭で洗濯されるときや、クリーニング業者に依頼する場合には絵表示に基づく正しい取扱いをお願いします。

洗濯表

カーテン取扱い絵表示について-2

●カーテン生地などの取扱い絵表示 (JIS L 0217)

カーテン生地などの取扱い絵表示 (JIS L 0217)

※洗濯により生地の収縮・風合いの変化が避けられない場合があります。多少の収縮は繊維製品の特性としてご理解ください。

※家庭洗濯機による水洗いを行った場合で、メンテナンスラベルどおりの洗濯処理でも、丈方向に1%までの収縮が生じることがありますのでご了承ください。

●ファブリックスの特性

■レーヨン

レーヨンはクリアな発色と美しいドレープが特徴の再生繊維です。合成繊維に比べて劣化のスピードが早く、自重や温・湿度により伸縮する傾向があります。また、洗濯方法によっては縮む場合がありますので、クリーニングの際は、お店とよくご相談ください。

■綿・麻

ナチュラルな風合いが魅力の天然素材です。素材の性質上、糸の表面に細かな凹凸や綿ガラが出ることがあり、まれに天然素材特有のニオイがする場合があります。また、天然素材は合成繊維と比べると、太陽光などの耐久性は劣ります。カーテンに付着した汚れやホコリは生地の変質や劣化につながりますので、日頃からこまめに軽く振ってホコリを落とすなどのお手入れを心がけてください。適度な回数の洗濯も効果的です。洗濯方法は取扱絵表示でご確認ください。天然素材はシワになりやすい特性がありますので、軽く下に引っ張って寸法を合わせ、全面を手で叩いてシワを伸ばしてください。

■スラブ糸

スラブ糸は、太い部分と細い部分のある不均一さが特徴です。糸や表面の凹凸は、スラブ糸使いならではの持ち味。ハンドクラフト感覚の素朴さをお楽しみいただけます。

■分繊糸

分繊糸は、透け感のあるファブリックが作れる極めて細いフィラメント糸。高い透明度に加え、独特のハリやコシが特徴です。繊細な糸使いのため、ひっかけや強いモミ作用のないよう、お取扱いにはご注意ください。また、紫外線や汚れの影響により一般品より早く劣化、破れが発生することがあります。窓露や汚れに注意し、定期的に洗濯をおこなってください。

■顔料プリント

奥行きのある色とメリハリの効いたプリント表現が、顔料プリントの魅力。ただし、ドライクリーニング時に変質することがありますので、クリーニングの際は、お店とよくご相談ください。

■オパールプリント

オパール加工は、繊維の一部を溶かして、すかし模様を表現する繊細な手法。加工の特性上、強く引っ張ると繊維が切断したり、すかし部分の組織が崩れたりする場合がありますので、ひっかけや強いモミ作用のないよう、お取扱いにはご注意ください。

■ポリウレタンラミネート

ポリウレタンラミネート加工を施したカーテンは、遮光性に優れた特性がありますが、素材の特性上、年月の経過とともに劣化し、変色、硬化、剥離が発生することがありますので、ご承知おきください。

■塩ビラミネート

テーブルクロスや椅子貼りレザーのような、やわらかい軟質塩ビ素材を使用しています。素材の特性として、塩ビ特有の臭気があります。またプラスチックや塗料に圧着すると、表面樹脂や塗料樹脂を傷め、色移りや剥離が発生する場合があります。また、耐熱性が低いため、高温下でやわらかくなったり、低温下で堅くなったりと、温度により素材感が変化します。

●生地幅・リピート表示

生地幅・柄リピートは標準寸法です。リピートはファブリックスの特性上、表示より±1%程度の差異が生じる場合がありますので、ご了承ください。

●ヨコ段・ヨコ並び柄

ヨコ段・ヨコ並びの柄は、デザインの特性上、目ずれ・目曲がりが目立ちやすくなります。巾継ぎの際には、柄が揃いづらくなりますが、ご了承ください。

カーテンの特性とご注意

●伸び縮みについて

カーテンは生地に使用されている素材の性質上、お部屋の環境条件(温度・湿度等)によって、伸びたり、縮んだりすることがあります。特に、綿やレーヨンを使ったカーテンには伸縮があります。

●ニオイについて

生地によっては麻のように固有の素材臭を感じるものもあります。
時間が経つにつれて薄れていきますが、換気にご留意ください。

●火気厳禁

火災の原因となるため火気を近づけないでください。「防炎カーテン」は消防法にもとづく防炎物品ですが、燃えないカーテンという意味ではありません。また照明器具など高温になる器具にも近づけないでください。火災の原因になるおそれや、生地の風合いを損ね劣化を促進する場合があります。

●結露は大敵

カビの発生や収縮、汚れの原因になります。また生地の劣化を促進することもあります。窓の結露にカーテンが触れないよう注意してください。

●取り扱いはていねいに

カーテンにはぶら下がらないでください。生地が破れたりフックが破損するほどの力で引っ張るとカーテンの損傷だけでなく、カーテンレールが落下するおそれがあり危険です。
また、洗濯時と同様に生地の取り扱いには不要な力を加えないでください。縫い目が裂けたり、生地の糸に目ズレがおこることがあります。

●ホルムアルデヒドについて

シックハウス症候群の原因のひとつといわれている、ホルムアルデヒドは使用していません。
乳幼児用を除く下着などの衣料品に適応される数値をクリアしています。

■バランスのお手入れ

1.釘またはタッカーで固定させた場合…
取り外して洗えませんので、日常のお手入れとして特にプリーツ、ひだたたみの間、スワッグの谷間など、こまめにブラシなどでほこりを落としてください。

2.ベルクロテープまたはフックで固定させた場合…
取り外して「メンテナンスラベル」の取扱絵表示の内容に従ってお取扱いください。

フックについて

カーテンフックの種類には、丈を簡単に調整できる樹脂製のアジャストフックや金属製のフック、ギャザーテープ用フックがあります。

●アジャストフックの種類

手順1

●丈を調整したい時(アジャストフック)

■指先で軽くフックを下(お好みの位置)へ押し下げます。
下げすぎた場合は、一番下まで押し下げてフックを外し、改めて上部から入れてください。
1段=5mm単位で、約5〜6cmの丈調節が可能です。

●洗濯等で取り外す時

■差込タイプ
フック全体が外れます。
カーテン上部から抜き取ってください。

右のような、ぐらつき防止機構付きの「十手式」差込タイプアジャストフックは、ヒダの中間部で突起が引っ掛かっています。注意して抜いてください。

洗濯機を使用する場合

〈ギャザーテープ用フック〉

ギャザーテープには、専用のプラスチックフック(Gフック)が取り付けてあります。

手洗いの場合

ギャザー調整の仕方

ギャザーは寄せた状態でお届けします。
幅の微調整はコードを引いてギャザーが均等になるようにしながら合わせてください。
コードは決して切らずに、コードタイに束ねて固定してください。

※アジャストフックはご使用に差し支えない強度があります。

※フックが損傷するほどの強い力を加えることは、カーテンの損傷やカーテンレールの脱落をまねく危険な行為ですので絶対に避けてください。

※フックを紛失、破損した場合にはカーテンをお買い上げの販売店にご相談ください。

旧タイプのフックについて

カーテンの丈を簡単に微調整できるアジャストフックには「ぬいこみタイプ」と、「さしこみタイプ」があります。

●丈を調整したい時

丈を調整したい時

カーテンの丈を簡単に微調整できるアジャストフックには「ぬいこみタイプ」と、「さしこみタイプ」があります。

●洗濯等で取り外す時

洗濯等で取り外す時

逆U字型のフック部分だけを取ります(アジャスター部分は外せません)。フック部分を持って下まで押し下げると外れます。

アジャストフック全体が外れます。
芯地の上下の差込口にそれぞれカギ型のフックが差し込まれています。芯地をたわめてまず上部のカギ型を抜いてから、下部を引き抜きます。

●取りつけ方

取りつけ方

逆U字型のフック部分を、アジャスターの上部から入れて固定したい位置で止めます。

逆U字型のフック部分を、アジャスターの上部から入れて固定したい位置で止めます。

■部品の代替について

破損のおそれのある樹脂製資材は製造打ち切り後は、同等性能の代替え品となる場合があります。
また縫い糸、芯地、ウェイトなども同等品の代替え品となりますのでご承知ください。