環境・社会への取り組み:住江織物グループCSRレポート

社会とのかかわり~よりよい事業のために

お客様とともに(納入実績)

インテリア関連納入実績

学校法人立命館 大阪いばらきキャンパス
立命館:外観
立命館:納入事例

学校法人立命館が大阪府茨木市に開設した「大阪いばらきキャンパス(以下、OIC)」は、最新の省エネ技術の導入のみならず、教育機関として環境意識を育むことを省エネ活動の目的のひとつとしています。

立命館では年間エネルギー使用量(面積あたり)を2020年までに2008年度比25%削減を中期目標としていますが、OICはこれを開設初年に達成することとし、キャンパスの当面の達成目標を35%の削減としています。 この取り組みは、国土交通省平成25年度住宅・建築物省CO2先導事業に採択されています。

自らの環境負荷低減に繋がる好循環のサイクルを生み出す指針が住江織物グループの掲げる環境方針と合致することから水平循環型リサイクルタイルカーペット「ECOS®(エコス)」を提案、採用に至りました。

〈営業担当者の想い〉(株)スミノエ 西日本開発部 次長 平田 淳
写真

学校法人立命館と当社の具体的な取り組みは、2014年5月にびわこ・くさつキャンパスに誕生した、理工系の実践的な教育を実現し建物全体を教材にするとういう新たな発想の「Tricea(トリシア)」。ここに消臭機能付きカーペット、トリプルフレッシュ®Ⅱ加工のタイルカーペットを納品し、消臭実験対象として頂いております。

今回は立命館がOICで目指されている「持続・循環可能な地球環境の未来」に少しでも役立てて頂ければとの思いから、竹中工務店設計担当者へ水平循環型リサイクルタイルカーペット「ECOS®」を提案いたしました。競合他社と再生材比率で大きな差別化を実現することができ、色褪せに強い原着ナイロンは日射の強い空間で威力を発揮し、かつ従来品と変わらないコストパフォーマンスは大きなアピールポイントになりました。

〈施主様からのコメント〉学校法人立命館 財務部 次長 森山 哲朗様

学校法人立命館では学園内に立命館地球環境委員会を設置し、省エネのみならずCO2排出量削減に取り組んできています。

エネルギー削減目標を具体的に設置し、OICではより高い目標達成を目指し、様々な取り組みを行う中で平成25年度国土交通省住宅・建築物省CO2先導事業に採択されています。そうした取り組みを進める中、竹中工務店様から提案を受けたのが水平循環型リサイクルタイルカーペット「ECOS®」。

世界トップクラスの再生比率でありながらコストが従来品と変わらない商材であり、グレード感・デザイン性も検討するに値し、採用するに至りました。

産業資材関連納入実績

トヨタ自動車(株) プリウス
トヨタ自動車(株) プリウス
プリウス:内装写真

トヨタ自動車(株)が、2015年12月9日に発売を開始した「新型プリウス」は、日本が誇るハイブリットシステム”の先駆者として、1997年に世に姿を現してから4代目を数えます。

今回の新型プリウスは、他の競合車の追随を許さない、燃費40.8km/L(Eグレード)を達成しました。また、加速時や雪道などの滑りやすい路面でも、スムースに4WD状態へ切り替わるE-Fourシステム”を搭載した4WD車もラインナップされております。

内装のシート表皮においては、ファブリック仕様の全3グレードに、当社品が採用されております。

主要グレードの“A”と“S”向けの開発では、“艶”とスムースな触感”をキーワードに、素材開発からスタートいたしました。意匠表現では、上品な光沢感のある新素材を織り込んだ組織柄に、エンボス加工(型押し加工)柄を重ねることによって新しい艶”を表現しております。

〈営業担当者の想い〉スミノエ テイジン テクノ(株) 第三営業部 高島 順
写真

日本を代表する車に採用されるということは、当社にとっては核となる主力商品ということになります。

デザインはもちろんですが、商品開発・設計開発・生産技術・品質管理の各部の担当者とともに造り上げた、 結晶”のようなファブリックだと思っています。

お休みの日にお時間がありましたら、ご家族・恋人・ご友人とともに、トヨタ自動車(株)の販売店に立ち寄っていただいて、“見て” “触れて” “感じて”ください。

〈デザイン担当者の想い〉スミノエ テイジン テクノ(株) 開発センター デザイン部 グループリーダー 中林 一則
写真

プリウスの世界観を継承しながら、ハイブリットの先駆者としてのさらなる新しさを求められる難易度の高い開発でした。また、目標グレードの生産台数が25,000台/月以上と規模が大きく、車を購入されるユーザーや同乗される多くの方々に当社が関わった空間を提供できるのだと思うと、コンペは大きなプレッシャーとの戦いでした。

採用されたクレアートは、洗練された艶感のある高密度織物で、異形断面糸を使い上品な光沢感を実現しています。大量生産を考慮し量産安定性の高いドビー織物で、限界の柄域に挑戦しました。

艶と幅の違うストライプをグラデーションにすることで動きを出し、さらに横方向にも動きのあるエンボスを施し、両方の柄がリンクして出来る奥行のある表情が特徴です。

車両関連納入実績

近畿日本鉄道(株) 汎用特急車両・通勤車両リニューアル
通勤車両 特急車両

近畿日本鉄道(株)は、特急車両のサービスのあり方を全面的に見直すプロジェクトの一環として、中距離から長距離まで幅広く運用する「汎用特急」の車両リニューアル改造を実施しました。

平成4年にデビューした主力特急である「22000系 ACE」のリニューアル工事を実施し、車両の外観カラーリング、インテリアデザインを一新しました。装備の充実を図った新しい座席シートに更新し、喫煙室の設置による分煙を強化するなど、快適性を向上させています。当社製のシート表皮およびトリプルフレシュ®加工カーテンが採用されております。

また、通勤車両についてもイメージアップを図るため大幅なインテリアデザイン変更を伴うリニューアル改造を実施し、順次導入を進めています。当社製のシート表皮、座席クッション材、優先座席スペースを明確にするための床標示フィルムが採用されました。

〈営業担当者の想い〉西日本車両営業部 大阪車両営業グループ 鶴賀 政高
写真

近畿日本鉄道(株)との長きにわたるお付き合いで、当社は歴代数多くの車両の内装材を納入させていただいております。今回のリニューアル改造についても、ご期待に沿えるよう、デザイン、設計、営業、および協力会社が一丸となって取組み、受注することができました。

特急車両のシート表皮には光の反射による視覚効果を楽しめるような素材を採用し、通勤車両のシート表皮にはタッチ感に変化をもたせ、それぞれ既存のものとの差別化をはかりました。また、通勤車両の優先座席付近の床面向けに「優先座席」の文字をプリントした簡易施工型床標示フィルムを納入いたしました。

〈納入企業様からのコメント〉近畿日本鉄道(株) 鉄道本部 企画統括部 技術管理部(車両)波多野 哲也様

今回のリニューアル工事は、インテリアデザインを大きく変更し、旅行やビジネスなど様々なご利用のシーンに対応できる軽やかさと落ち着きのあるデザインを目指しました。デザインイメージを構成する部材のなかで、大きな影響力を持つシート表布の開発には最も注力しました。住江織物様にはデザイン画を基に開発頂きましたが、当社が求めた新しい素材の導入や過去に例のないテクスチャー感などにもお応え頂き、最高のシート表布を仕上げることができたと思っています。今回の開発で次の製品開発のハードルが上がりましたが、これからも当社が求める高いクオリティを実現していただけると期待しております。

機能資材関連納入実績

(株)山善
空気をキレイにするホットカーペット
コントローラー
空気をキレイにするホットカーペット

(株)山善はホットカーペット業界でも大きなシェアを持っており、今回は当社の看板商品であるトリプルフレッシュ®の消臭加工を本体に施したホットカーペットを採用していただけることになりました。他社との差別化が難しい類の商品ではありますが、機能性を持った商品をラインナップしていただくことにより、市場で優位に立っていただければと考えております。

販売させていただく商品は「普及タイプ」、省エネの機能を持った「新マイコンタイプ」、厚手不織布の「ふわふわタイプ」の3種類です。ただ、これらは他社からも発売されており、今回はそこに当社ならではの機能をプラスしております。お部屋では様々なニオイが漂っており、日本人は特にニオイに敏感だと言われております。本商品は当社の技術力とそのニーズをうまく合致させた商品です。

消臭能力の確認試験では、実際のリビングなどで想定される臭気を特定し、その環境下での使用を模擬した消臭試験を行いました。これは当社がインテリアで培ってきた消臭の経験をフルに活かしての開発です。今年の冬モデルからの販売になり良い評価がいただけるものと期待しております。

〈営業担当者の想い〉機能資材事業部 東京営業部 山上 恵巧
写真

「空気をキレイにするホットカーペット」は当社としての強みを活かし、なおかつ、他社には真似のできない機能性を持たせることに重点を置いて開発しました。

お部屋のニオイを消臭すると謳うからにはしっかりとした消臭のバックデータが必要になり、テクニカルセンターの協力のもと、お客様・工場・営業の連携は不可欠でした。皆様のご協力があったからこそ、商品化することが出来たと痛感しております。

開発を通した新たなモノづくりは非常に労力が必要ですが、今回の経験は間違いなく自分にとって良い経験になったと感じております。

〈納入企業様からのコメント〉(株)山善 家庭機器事業部 商品統括部 統括部長 入部 康久様

ホットカーペットという暖房機器の定番である商品を通じて、お客様のニーズにより沿った新しい付加価値を提供できないかとの思いから、このたび住江織物様ご協力のもと、トリプルフレッシュ®消臭加工を施した「空気をキレイにするホットカーペット」を発売する運びになりました。

同シリーズは、「小さく畳めるモデル」、「小さく畳める省エネモデル」、厚さ約4倍の「とっても省エネふわふわタイプ」とお客様のニーズに合わせて選べる3タイプをラインナップ。より多くのお客様に新たな付加価値商材として提案致します。

ページトップへ