第3次中期行動目標

環境との関わり

 当社グループの事業と環境との関わりは、開発設計から資材調達、生産、販売、物流から使用、廃棄、リサイクルまでライフサイクル全般にわたっております。したがって、製品のライフサイクル全体を視野に入れ、事業活動が環境に与える影響の把握に努め、環境負荷低減の取り組みを進めております。
特に使用済みのタイルカーペットから再生された塩ビパウダーやペットボトルから再生された原綿やポリエステルペレットを積極的に使用しております。

■エコチャレンジ2015(第3次中期行動目標)

 2011年度から国内生産事業所だけでなく、海外生産事業所や主要な販売会社も含めた住江織物グループの環境への第3次中期行動目標としてエコチャレンジ2015を設定しております。
 再生資源利用、産業廃棄物発生量(再資源化率、最終処分率)、PRTRの目標は国内生産事業所のみ
海外生産事業所は使用エネルギー量(熱量換算値GJ)と水使用量の把握からスタート。
期     間:   2011年度~2015年度(5年計画、データ期間2011年6月~2016年5月)
原 単 位:   分母を連結売上高にして計算する。
換算係数:   CO2排出量は温対法に基づく排出係数で算出。
NOxの換算係数はエコアクション21 2002年版で算出。
海外生産事業所のCO2排出量は、GHGプロトコルの2007年の各国ごとの排出係数で算出。