沿革

明治時代

1883明治16年

創業者村田伝七が大阪住吉で手織り緞通の製作を始める

1891明治24年

帝国議会議事堂(現 国会議事堂)にカーペットを納入

1896明治29年

手織りによるワナモケットの製作に成功、1899年(明治32年)国鉄の椅子張地に採用される

1903明治36年

本格的な製織設備をもった住吉工場を建設

創業者 村田伝七
帝国議会議事堂
レールをデザインした
国鉄の椅子張地
住吉工場
大正時代

1913大正2年

住江織物合資会社を設立
ドイツ・イギリスから技術と力織機を導入し、日本で初めて機械織モケットの製造を始める

1916大正5年

力織機によるカーペットの製造を始める
テレンプを製造し、国鉄1等車、私鉄の椅子張地に採用される

1925大正14年

皇太子旗謹製

住江織物合資会社
昭和元年~昭和30年代

1930昭和5年

住江織物株式会社を設立

1937昭和12年

河内工場を新設、紡毛糸紡績を始める

1943昭和18年

京都工場を新設、ドレープの生産を始める

1947昭和22年

網野工場(現 丹後テクスタイル株式会社)を新設、緞帳と緞通の生産工場とする

1949昭和24年

東京、大阪、京都証券取引所に株式を上場

1954昭和29年

アメリカよりタフティングカーペット機をわが国で初めて導入

1955昭和30年

国産軽自動車の草分け「フライング・フェザー」を子会社の住江製作所にて製作・販売

1956昭和31年

天皇・皇后両陛下、住吉工場行幸啓

1964昭和39年

0系新幹線の座席にモケットを納入

緞通製造の様子
フライング・フェザー
住吉工場行幸啓
0系新幹線グリーン車
昭和40年代~昭和60年代

1968昭和43年

新宮殿(豊明殿)に手織緞通、丹後緞通を納入

1971昭和46年

奈良工場(現 住江テクノ株式会社 奈良工場)を新設し、住吉工場を廃止

1980昭和55年

国産初のタイルカーペット生産を奈良工場で開始

1985昭和60年

光建産業株式会社(現 ルノン株式会社)の株式を取得し子会社化

1987昭和62年

滋賀事業所を新設する

新宮殿(豊明殿)
住江テクノ株式会社
奈良工場
国産初のタイルカーペット
住江テクノ株式会社
滋賀工場
平成元年~現在

1994平成6年

タイに現子会社 T.C.H.Suminoe Co., Ltd.を合弁で設立

1998平成10年

「トリプルフレッシュ®」消臭加工技術を開発
株式会社スミノエを設立
京都美術工芸所を設立、京都工場より古来織物技術を伝承する

1999平成11年

住江物流株式会社を設立

2003平成15年

米国にSuminoe Textile of America Corporation(STA)を設立
中国に現子会社 蘇州住江織物有限公司を設立
中国に現子会社 蘇州住江小出汽車用品有限公司を合弁で設立
インドネシアに現子会社 PT.Sinar Suminoe Indonesiaを合弁で設立

2005平成17年

カーペット生産工場である奈良工場を分社化し、住江奈良株式会社を設立
住商エアバッグ・システムズ株式会社を合弁で設立
中国に子会社 住江互太(広州)汽車繊維製品有限公司を合弁で設立

2009平成21年

子会社 スミノエ テイジン テクノ株式会社を帝人株式会社(旧 帝人ファイバー株式会社)と合弁で設立

2010平成22年

中国に住江織物商貿(上海)有限公司を設立
インドに子会社 Suminoe Teijin Techno Krishna India Pvt. Ltd.を合弁で設立

2011平成23年

「ECOS®(エコス)水平循環型リサイクルタイルカーペット」を発売

2013平成25年

住江奈良株式会社と住江甲賀株式会社を統合し、住江テクノ株式会社を設立
メキシコにSuminoe Textile de Mexico, S.A. de C.V.を設立
インドネシアにPT. Suminoe Surya Technoを設立
中超住江 デバイス・テクノロジー株式会社が事業を開始
会社創立100周年(創業130周年)

2015平成27年

米国Bondtex, Inc.を買収、子会社化
京都美術工芸所