事業のご紹介

美術工芸織物

緞帳(どんちょう)、緞通(だんつう)、祭礼幕(さいれいまく)、旗、
タペストリー、織物額、上代裂地(じょうだいきれじ)、美術小物

国立劇場(東京)大劇場:緞帳「四季草花図」天地7.5m・間口24m

日本古来の伝統技術の継承

当社は、衆参両院といったわが国を代表する格式高い建造物の緞通や、著名な劇場ホールの緞帳、伊勢神宮式年遷宮の御装束神宝(おしょうぞくしんぽう)に供せられる織物、社旗・校旗といった美術工芸品の製造に、長きにわたり携わってまいりました。長い歴史のなかで受け継いできた手織り技術の優美で深い味わいを、美術工芸織物の一品一品に込めてお届けしております。

緞帳(どんちょう)

丹後テクスタイル株式会社は、住江織物グループの手織り製造部門として、半世紀以上にわたり、綴織緞帳(つづれおりどんちょう)、丹後緞帳等を製造しております。

緞通(だんつう)

全国でも数少なくなった手織り職人による緞通や、フックド・ラグの製法で仕上げた丹後緞通等を、宮内庁、国会議事堂、ホテルといった、著名な建築物に多数納入しております。

西陣織

京都西陣にある当社「京都美術工芸所」では、1953年(昭和28年)の第59回より、伊勢神宮式年遷宮の御装束神宝に供せられる織物を手織り職人によって調製しております。

西陣伝統の最高級綴織物に職人の手で丹精を込めて刺繍を施した、重厚感ある各種旗を販売しております。

美術小物

織物額や風呂敷のほかに、日本古来の文様を再現した財布等、伝統と現代の技を融合した商品を販売しております。