住江織物株式会社アーカイブ 130年の歴史をご紹介いたします

昭和期 伊勢神宮式年遷宮、昭和新宮殿「豊明殿」 

※画像をクリックすると詳細がご覧頂けます

伊勢神宮 式年遷宮

伊勢神宮 式年遷宮

20年に1度行われる「式年遷宮」は、神殿の建て替えや調度品の新調が行われます。当社は、 昭和28年の第59回より、御装束神宝(神の衣服や正殿の装飾等)に用いる織物を納めています。

フォード、ゼネラルモーターズ

フォード、ゼネラルモーターズ

1931年(昭和6年)、米国のフォード、ゼネラルモーターズ社が日本で組み立て生産していた自動車にカーペットとシート表皮材を納入しました。

あるぜんちな丸

あるぜんちな丸

1939年(昭和14年)、世界一周航路の豪華客船「あるぜんちな丸」の内装を手がけています。

戦艦大和

戦艦大和

1940年(昭和15年)、戦艦大和の艦長室にカーペットを納入しました。

日本初のタフティングカーペットマシン

日本初のタフティングカーペットマシン

1954年(昭和29年)、住江織物が日本で初めて大量生産型タフティングカーペットマシンを導入しました。

1955年製造の自動車「フライング・フェザー」

自動車「フライング・フェザー」

1955年(昭和30年)に完成した、2シーターのオープンカーで、「最大の仕事を最小の消費で」を目標に小型化・軽量化に取り組んだ、黎明期のミニカー。

住吉工場 行幸啓

住吉工場 行幸啓

1956年(昭和31年)、天皇・皇后両陛下、住吉工場行幸啓。

トヨタ自動車 シート表皮材

トヨタ自動車 シート表皮材

1958年(昭和33年)、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車株式会社)にナイロン製シート表皮材を納入しました。

0系新幹線グリーン車・普通車

0系新幹線グリーン車・普通車

1964年(昭和39年)、0系新幹線グリーン車・普通車にシート表皮材を納入しました。

昭和新宮殿「豊明殿」

昭和新宮殿「豊明殿」

1968年(昭和43年)、皇居宮殿のホールでは最大のスケールを誇る昭和新宮殿「豊明殿」に手織緞通を納入しました。

国内初のタイルカーペット生産開始

国内初のタイルカーペット生産開始

1980年(昭和55年)、国産初のタイルカーペット生産を奈良工場で開始しました。