時代・人・くらし。エピソードで織りなすスミノエ百年緞通ものがたり。
創業

絨毯に未来を夢見た(こめ)商人と世界が相手の商いをめざす呉服商の出会いからスミノエの歴史が始まった。

住江織物の元祖は、米穀商であった村田伝七が1883(明治16)年に大阪府東成郡住吉村(現在の大阪市住吉区)に開いた村田工場。
 サイドビジネスとして始められたこの手織りのささやかな家内工場が、ほどなく帝国議会議事堂をはじめとし、鉄道、船舶の装飾を受注し、日本の敷物業界の夜明けをひらきました。
 それは、老舗の呉服商から発展し、貿易を通して広く世界のニーズに対応し、インテリア織物のサプライにも積極的だった髙島屋との出会いが生んだ固い絆の結果でした。

誠実で頑固、人一倍研究熱心だった創業者。

村田伝七は、1848(嘉永元)年、大阪府東成郡沢の町に村田伝兵衛の七男として誕生。
 成人して「米伝」という屋号で米穀商を営んでいました。
 そのころ堺緞通と呼ばれた手織りの敷物が、対米輸出品として、堺から大阪住吉方面にかけて副業として盛んに行われていました。
 こうした状況に刺激された村田伝七は緞通機3台を購入、米穀商を営むかたわら緞通づくりを開始しました。
 それが当社の出発点となった村田工場でした。誠実な人柄で人情に厚く、良質なものづくりに頑固なまでにこだわり、研究熱心だった村田伝七は、めきめきと技術的な進歩をとげ、やがて米穀商を廃業して緞通づくりに専念するようになりました。

緞通とは?

経糸にパイル糸を結びつけて作った床敷物の総称で、伝統的な手織り敷物です。基布の地経糸にパイル糸を手で結びつけ、これをカットして毛房を作成。産地によって、パイル糸の結び方が異なり、中国緞通、ペルシア緞通、トルコ緞通などに区別されます。技術的に製織は熟練を要し、長期の日数を費やすため高価で、美術工芸品として扱われることが多い高級敷物です。

緞通のイメージ写真